2022年03月22日

カラスの巣に注意!

3月に入り暖かくなってきました。

野鳥も繁殖期に入りあちこちで巣作りが見られます。
私の家から駐車場までの道中にカラスが電柱に巣を作っているのを発見しました。
観察すること約1週間で大きな巣が完成してました。
発見して10日ほどで撤去されていました。

私の予想では同じ場所に再度営巣すると思います。予想が的中したらまたブログで報告させてもらいます。
弊社にも巣の撤去依頼の電話を数件いただいておりますがお客様にもご説明させていただきましたが卵を産んで少し日にちが経過してからの撤去しないとすぐに巣を作ります。
日本では鳥獣保護法で卵を産んだ時点で巣の撤去はできません。
弊社では時期を見定め行政に許可証を発行してもらっての撤去作業をします。

写真は去年の古いものです。
1枚目の写真は卵を産んでますね。
大きな木の枝分れに上手に作っています。
2枚目、3枚目はもうすぐ巣立ちの時期ですね。
この時期は私も経験しましたができるだけ巣に近寄らないほうが安全です。
後ろから静かに飛んできて襲われることがあるので注意が必要です。S__2826360.jpgS__2826362.jpgS__2826363b.jpg

ハトやカラスの糞害対策

関西、関東、東海、中国

(その他全国対応致します)

ハト カラス ムクドリ等の害鳥対策

鷹を使ったイベントや公演等は

害鳥対策のスペシャリスト

グリーンフィールドへ


https://gfhawk.com


お見積もり・お問い合わせはこちらから


https://gfhawk.com/inquiry.html



会社紹介

https://www.youtube.com/watch?v=Rpt937wNLcw

タグ:営巣 烏の巣
posted by グリーンフィールド at 17:27| 害鳥の習性について