2021年02月19日

福岡市 カラス対策

福岡市内でのカラス対策の風景です。
こちらは複数棟で構成されるマンションの敷地中央にある森林地帯で、年中カラスがいるそうです。

春頃になると営巣され、近くを通った人が威嚇されるという被害が毎年続いていたようです。

鷹を定期的に放つことにより、こういったカラスにとって住み良い環境を危険がある場所という認識に変えていきます。

すぐに効果が表れるというものではありませんが、何もしなければカラスがいなくなることはほぼありません。

被害を減らそうと思ったら長い目で見て、カラスに脅威を与え続けることが重要です。


B6CEAFFF-30A1-4B16-A56F-BF0C8CF60DAB.jpeg
posted by グリーンフィールド at 09:10| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。