2022年10月31日

オオタカの尾鈴と足革&日本放鷹協会研修

昨日はオオタカの尾鈴と足革を付けに、岐阜の河童さんというお店に出かけました。
私の先輩鷹匠の方が経営されているお店で、グリーンフィールド所属の鷹匠はみな、河童さんに手配していただいた鷹をパートナーに仕事をしています。

いつもは鷹の訓練開始前に付けるのですが、今回はフリーフライト直前に付けることにしました。

ちょうど今日は私も所属しているNPO法人・日本放鷹協会の研修日であったため、協会の会員さんも来店していました。
日本放鷹協会は諏訪流の流派です。
諏訪流という伝統の保存のため、毎年1月の全員参加の研修会や個別の初心者研修、鷹匠補研修などを開催しております。
そこでは技術だけでなく、鷹を扱う大変さや安全に対する意識、動物愛護の精神なども細かに教えて頂けます。

私は会員さんのハリスホークでのルアーリング等の研修の後、オオタカの尾鈴や足革等を装着する作業をいたしました。

グリーンフィールドにおいては通常、ハリスホークは足に鈴をつけてますが、オオタカには伝統にのっとり、尾羽根につけました。

(グリーンフィールド・岡村)

34336.jpg34337.jpg34338.jpg

↓ルアーリングの訓練を受けるハリスホーク

34334.jpg
posted by グリーンフィールド at 12:00| Comment(0) | 日記

2022年10月28日

オオタカが始動しました(ゴルフ場での追い払い)

オオタカが始動しました。

今は紐を付けての訓練ですが、今週末にはフリーフライト(紐なしの状態)の予定です。
今期はどんな飛びを見せてくれるか楽しみです。

今日の現場はゴルフ場です。
オオタカが飛ぶまではガヤガヤと鳴いていた野鳥でしたが、2回程飛ぶとオオタカの周りは静寂となりました。

今年2年目(片塒)の羽色もスッカリ変わり堂々としてます
34132.jpg

オオタカ・蒼音(アノン)さんの6月のころの姿
オオタカ・蒼音(アノン)さんの7月のころの姿

(グリーンフィールド・岡村)
posted by グリーンフィールド at 01:13| Comment(0) | トレーニング

2022年10月23日

久しぶりのイベント(市川市動植物園でのフライトショー)

コロナと暑さが落ち着きだした今日、久しぶりにイベントが再開されました。

今までイベントで飛んでくれていた鷹が塒(とや)中の為、今回からは別の子がメインで頑張ってくれました!
念入りに調子の確認をし、この鷹がこなせる内容に変更しながら進行しました。

KIMG0509(ボカシ).jpg
posted by グリーンフィールド at 23:49| Comment(0) | イベント情報

2022年10月19日

追い払いの効果を持続するために(環境維持の重要性)

私が担当していますお客様はだいたい2〜7年継続して頂いております。

当初カラスの被害でお困りだったお客様ですが、カラスの被害は1〜6ヶ月くらいで収まります。
その後は鷹が飛来していると思わせるための環境維持で月に1〜3回くらい継続していただいております。
カラスや鳩・ムクドリ等は工場の外の環境が変わるだけで工場内に入りだしたりすることがあるため、環境維持のために鷹を飛ばすのです。

お客様からすると、「被害がなくなる=作業終了」という認識になりがちです。

が、野鳥は簡単に諦めることはありません。
せっかく追い払っても、「鷹が最近いないな」と野鳥に思われると戻ってきます。
自然界で生きていくのにトライアンドエラーに飽きる個体は生きていけません。
トライアンドエラーに飽きない個体が冬を乗り越え命を繋いでいきます。

ですのでお客様には、カラス・鳩等の習性や現場の自然環境についてなどをご説明し、環境維持の追い払いをいたしております。

せっかく費用をかけて追い払っても、その後の環境維持をせずにやめてしまうとまたイチからスタートとなり費用が余計にかかります。
月に1〜3回飛ばして環境維持をすることで、害鳥の侵入を防ぐことができ、結果的に費用も安上がりになります。

そのようなことについてお客様と良くお話をし、ご理解いただいたお客様には喜んで頂いております。

原因となっている場所だけでなく、その周辺の自然環境や、その環境が季節でどう変わるのかを把握し、何事もお綿密な相談やしっかりとしたアドバイスを通じてお客様とのコミュニケーションをとることが大切です。

33864.jpg
posted by グリーンフィールド at 23:36| Comment(0) | 害鳥の習性について

2022年10月16日

鷹の羽

塒(トヤ)中の鷹の羽がボロボロと抜けてきました。

以前花屋に勤めている友人が鷹の羽を使って素敵な作品を作ってくれました(*´ェ`*)もっと何かに活用できればいいのですが...

特にあてもなく...

でも折角だからとついつい収集してしまいます。

(グリーンフィールド・江頭)

1665825791436.jpgKIMG0451.JPG追記
posted by グリーンフィールド at 12:29| Comment(2) | 日記

2022年10月15日

鷹はキャラメルポップコーンの匂いがする(鷹について)

こんにちは、自販機で買う水はやたら高いなと思っている中村です。

突然ですが私は鷹の匂いを嗅ぐのが好きです。
巷ではインコは良い香りがすると聞きますが、鷹も甘く香ばしい癖になる香りがします。
中にはキャラメルポップコーンのような香りであったり畳のような香りなど個体差があり、オスよりもメスのほうが甘く良い香りである傾向にあります。(中村比)

写真はキャラメルポップコーンの香りがする岡村鷹匠の「志(アキ)ちゃん」、ディアボロは柑橘類のような匂いです。

(グリーンフィールド・中村)

3452.jpg
posted by グリーンフィールド at 21:03| Comment(0) | 鷹について

2022年10月14日

工場の屋根にカラスの集団が…(カラスの習性)

この時期になると、今回の現場である工場にはカラスが集まり、多い時には約100羽にもなります。
屋根が真っ黒になるほどです。

カラスは塒(とや)に入る前に大きな屋根や屋上にあっちこっちから集まり情報交換をして、集団で塒に入る(※)生態があるため、お困りのお客様が多くいらっしゃいます。

そのまま放置しますと、その屋根を塒にすることもあり大変なことになります。
早め早めの対策が大切です。



テリトリーを持ってるカラスのペアは自分の縄張り内で寝ますが、その他のカラスはいったんどこかに集まってから、ねぐらに入ることが多くあります。
鳩は決まったねぐらに入らます。

(グリーンフィールド・岡村)

33534.jpg

33535.jpg
posted by グリーンフィールド at 12:00| Comment(0) | 工場の鳩カラス対策

2022年10月13日

すっかり人気者に(ホテルでのカラス駆除)

石垣島の天気はよくなく毎日荒れていますが、私も鷹も元気です。

今日も風が強く小雨の中ですが、大勢のお客様に触れ合ってもらい、鷹の名前も覚えてもらえて鷹も喜んでおります。
お客様にもホテルスタッフさんにも好評で、記念撮影する行列ができるまでになりました。
あまりにも人気でビックリしています!

(グリーンフィールド・田中)





S__3989515.jpg

S__3989517.jpg
posted by グリーンフィールド at 12:00| Comment(0) | 遠方への出張対応

2022年10月12日

6回目の石垣島(ホテルでのカラス駆除)

10日から石垣島でカラスの追い払いに来ています。
5月から毎月来ているので6回目になります。

互いの空港でも顔馴染みになり、おかげで手続きも簡単になってきました。
石垣島ではタクシーの運転手さんにも顔を覚えていただき、路上でもクラクションで挨拶してくださるまでになりました。

私が来ている間はカラスの被害は全くありません。
初日に鷹が来た事をアピールするだけで、2日目からはお客様との記念撮影や腕にのせる触れ合いをする余裕があります。

今回も1週間滞在しますが、鷹の名前を覚えてくださる常連のお客様までお会いする事ができ、私も嬉しくなります。
この機会に、鷹を飛ばして害鳥の追い払いをするという仕事を少しでも多くの人に知っていただけたら嬉しいです。

(グリーンフィールド・田中)





S__3973134.jpg

S__3973136.jpg
posted by グリーンフィールド at 16:10| Comment(0) | 遠方への出張対応

2022年10月09日

はじめまして

はじめまして

ブログ書き手としては初登場の中村です。
コンビニで買う牛乳が美味しいです。

相棒はオスのハリスホークです。
名前はディアボロです。
鷹の引取り前に〈切り干し大根〉と名付けようと考えていましたが、流石にそれはマズいと上司に阻止されたため「ディアボロ」となりました。
実際に出会ってみると〈切り干し大根〉より〈かりんとう饅頭〉の顔をしていました。

(グリーンフィールド・中村)

3319.jpg
posted by グリーンフィールド at 12:00| Comment(0) | 鷹について