2022年04月27日

鷹の表情

猛禽類に対して(フクロウを除き)「怖い」「厳つい」というようなイメージをお持ちの方が多いと思いますが、良く見てみると意外にも可愛い顔をしています(特に私の担当している鷹は何故か少しおとぼけ顔)。

ですが、獲物を見つけた時はガラッと表情が変わりイメージ通り威厳のある顔つきになります。

※写真はどちらも同じ鷹です

(グリーンフィールド・江頭)

1651008252173.jpg
posted by グリーンフィールド at 15:17| Comment(0) | 鷹のプライベートシーン

2022年04月26日

阿吽の呼吸

今日は午後から社長と合流してカラスの巣の撤去作業に行きました。
5件で6つの巣を撤去しました。

なかなかのハードスケジュールですが社長と現場に行くと全く心配する事なくスムーズに進むんです。
お互いの考えや行動が手に取るようにわかるんです。
ですから車での移動中も普通は次の現場の情報交換や打ち合わせするのですが社長とは打ち合わせなしです。

正に阿吽の呼吸!
今日もなんの問題もなく依頼された全ての巣を撤去することができました!

(グリーンフィールド・田中)

S__3055734.jpg

S__3055736.jpg

S__3055737.jpg

S__3055738.jpg

S__3055739.jpg

S__3055740.jpg

S__3055741.jpg

S__3055742.jpg

S__3055743.jpg
posted by グリーンフィールド at 15:22| Comment(0) | 巣の撤去

2022年04月25日

パートナーのご紹介2

**********************
霞ちゃん(ハリスホーク)

0歳(6月で1歳)
**********************

あまり頑張ろうとしない子ですが、獲物は死物狂いで追いかけます。
あまり賢くなく、かなりどんくさいです。
何事にも物怖じしません。

カラスにもぼーっとしている子に見えるのか、様子をうかがおうと後ろから1歩ずつ近づいてきますが、この子がカラスに気付いた途端狙いに行くためカラスもびっくりしてます。

みんなそれぞれ性格が違っておもしろいですね。

どうぞよろしくお願い致します。

(グリーンフィールド・三輪)

※パートナーのご紹介1はこちら

DSC_2524.JPG
posted by グリーンフィールド at 15:13| Comment(0) | 鷹について

2022年04月19日

いつもより威嚇が激しい!そんなときは…

先日兵庫県尼崎市へカラスの追い払いに行ってきました。

鷹を飛ばすといつもの事ですがカラスが威嚇してきました。
しかし、いつもと違うことがペアのカラスの威嚇がとにかく激しいことでした。

原因はすぐに気付きました。
近くに巣があるはず!
鷹を手に据えながら営巣できそうな木や電柱を注視。
ありました!

立体駐車場の外部階段のすぐ横の木で巣の中を覗くことができ、幸いにも卵を産んでいないのも確認できたので行政に許可をとることなく(※注)巣の撤去する事ができました。

お客様に詳しく聞くと2週間ほど前から外部階段を通行止にしていたそうです。
落とした枝やハンガーを集め通行止は1週間ほど様子を見てから解く事にしました。

(グリーンフィールド・田中)


※注

【もし、すでに卵があったら?】

卵がある時点で、行政に有害鳥獣捕獲許可証を発行してもらう必要があります。
日本では鳥獣保護法で野鳥を捕獲してはいけないと決められているのですが、それは孵化していない卵の状態であっても対象となります。

S__3014741.jpg

S__3014743.jpg

S__3014744.jpg

S__3014745.jpg
posted by グリーンフィールド at 00:00| Comment(0) | 害鳥の習性について

2022年04月18日

すべては「据え」から

鷹の仕込みで重要なのは据えです。
「据え」とは、拳に鷹を乗せることを言います。

この据えが安定するようになるのに3年はかかると言われています。
ですので鷹匠になるために、何をするにも鷹を据えることから始まるのです。
「据えが安定しないと鷹が落ち着かなくなったり病気になったりする」と諏訪流鷹師の花見先生はおっしゃっておられました。

というわけで、新人君も据えるところから頑張ってもらいます。

昔は湯呑を拳に乗せて歩いたりしゃがんだりという訓練をしました。
湯呑を落さずにそれらが出来るようになれば、次は鷹では無く鳩を拳に据え練習します。
そしてその後に鷹を据えさせて貰えるようになります。
いきなり鷹を据えさせてはもらえないのです。

据えが悪いために鷹の機嫌が悪くなると、鷹の反応も悪くなりコントロールできなくなります。
とにもかくにも、正しく据えることが大切なのです。

原くんはまずペットボトルで訓練しています。

(グリーンフィールド・岡村)

3c94618d1f76be54360a5aaf30aeb5a6-KIMG3431.JPG
posted by グリーンフィールド at 00:00| Comment(0) | トレーニング

2022年04月13日

害鳥でお困りならなんでもご相談を!

私たちグリーンフィールドは鷹を飛ばして害鳥の追い払いを始め捕獲・清掃・アフター管理など全国を走り回っています。
現場をよく観察し、よく考え、時には先輩達に相談し一生懸命仕事をしています。

よく観察してよく考えた行動した結果、お客様から「ありがとう!」と感謝される事が私たちにとって一番のご褒美です!

害鳥でお困りならなんでもご相談ください!

(グリーンフィールド・田中)

S__2973811.jpg

S__2973813.jpg
posted by グリーンフィールド at 16:42| Comment(0) | 株式会社グリーンフィールドについて

2022年04月12日

ムクドリの追い払い(住宅地)

昨日は兵庫県明石市にムクドリの追い払いに行ってきました。
今回で5回目の放鳥作業になります。

4回目の作業で当初200〜300羽いたムクドリも50羽ほどに減ったのですが、その50羽が戻って来ているとの連絡を受けて鷹の出動です。

夕方になると電線にとまり鳴き声や糞害で住民様も朝から糞の掃除が大変と仰ってました。
追い払い作業も無事に終え巡回しムクドリがいない事を確認し作業を終了です。

※写真は作業前初日のものです。

(グリーンフィールド・田中)

S__2973727.jpg

S__2973729.jpg

S__2973730.jpg
posted by グリーンフィールド at 16:22| Comment(0) | ムクドリ対策

2022年04月11日

パートナーのご紹介1

すでにこの子をご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、私のパートナーをご紹介いたします。

露ちゃん(ハリスホーク)
1才(5月で2才)

真面目で頑張り屋さんで頭がいい子です。
しかし、かなり天然でマイペースなところもあります。
私にも何を考えているかわからないときがあります。

それと、よく喋ります。

カラスの繁殖期に特に本領発揮してくれます。
今年もたくさん活躍してくれると思います!

どうぞよろしくお願いいたします。

(グリーンフィールド・三輪)

※パートナーのご紹介2はこちら

DSC_2593.jpeg
posted by グリーンフィールド at 18:55| Comment(0) | 鷹について

彩雲

彩雲を京都の現場で見つけました。

(グリーンフィールド・岡村)

c479dc7d3fbf94d78245b7dcf94e1914-1649645054183.jpeg
posted by グリーンフィールド at 18:50| Comment(0) | 鷹匠について

サギの習性と追い払い

先日滋賀県草津市と栗東市に鷹を飛ばしてサギの追い払いに行ってきました。
サギは集団で繁殖する(コロニー)事が多いようです。
何度も何度も枝を咥え巣作りが始まります。
初期の巣作りの段階では鷹を飛ばして追い払う事は難しくないのですが、巣が完成してしまうと非常に難しいです。

もう一度苦労して違う場所で巣を作るのは大変です。
子育ての環境が良いか?
鷹などの天敵がいないか?
近くに安易に餌が調達できるか?
そんな調査をしたあとに大変な巣作りをするのです。

先日の現場は追い払うのには難易度の高い現場でした。
通常は天敵である鷹を放すと危険を感じすぐ飛んで逃げていきますが、今回は鷹を放すと凄く大きな声で鳴き10mほど飛ぶのですが逃げずに上空で旋回して、鷹が居ない事を確認して巣に舞い戻ってきます。
戻ってきたサギを発見したら再度鷹を放して威嚇し追い払いします。

この現場は2年目で去年はおよそ400〜500羽ほど営巣しており、私もかなり追い払うのに苦労した事を覚えています。
今年は一番多い時で50羽ほどでしたが、4回の追い払い作業で20羽ほどまで減らす事ができました。

抱卵時期になると追い払う事が不可能になるので、状況を判断して追い払い作業を終了します。

(グリーンフィールド・田中)

S__2965604.jpg
posted by グリーンフィールド at 16:23| Comment(0) | 害鳥の習性について