2017年11月23日

福岡のハト対策で、ちょっと考えたこと...

絵reenField九州営業所の三浦です。

福岡は雨の『小雪』(二十四節気)&『いい夫婦の日』となりました。
『夫婦の愛を保つ(トラブル回避)』の秘訣は、1.妻の話をさえぎらず最後まで聞く。2.「ありがとう」を言う。との事。
参考にしてください。(余計なお世話ですね。)

今日は、3ヵ月かかった集合住宅のハト被害対策が、昨日までに2件完了したので、施主様に報告書をお持ちし、市役所へ許可証を返納しました。
許可証.jpeg

《 ハト(ドバト)は、鳥獣保護管理法の対象なので、故意に傷つけたり許可なく捕まえると、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科されます。ハト被害対策業務には、この許可証と狩猟資格が必要です。》

施主企業の担当者様へ施工内容について説明をしていたときに...

両集合住宅ともかなりの入居者の方がベランダに防鳥ネットを張ったり、有刺剣山を取付けたりされていました。
ハト被害には相当うんざりされていたようです。
この案件では、一方で180羽、もう一方で380羽のドバトを駆除しました。

担当者様へ自治会長様から周辺のハト被害が解消したことで、お礼の電話があったそうです。
また、ネットの2チャンネルの書き込みにも『○○団地でハト激減!巨大地震の前触れか!!」というのが在ったそうです。
中には「いつも広場でエサをやっていたのに、どうしてハトがいなくなったの?」という問合せもあったそうです。

『ハト被害』で困っている方、それを見ている方、ハトを可愛がっている方、皆さんそれぞれ立場が違うので、『ハトがいなくなった』事に対する感じ方が違うのは当たり前です。

、『ハト被害』は実際に遭ってみないと判りません。

  • 朝は日の出とともにボーボー鳴きだす。
  • 糞のにおいが何ともいえず臭い。
  • 窓を開けるとハトの羽毛が入ってきて気持ち悪い。

ハトの糞には、寄生虫や感染症の病原菌がうじゃうじゃしています。今年はハトの糞が原因の感染症でお亡くなりになられた方もいらっしゃいました。
ハトの羽毛には、ダニやノミがたくさん付いています。小さいお子さんをお持ちのご家庭では神経質にならざるを得ません。
悪そうなハト2.jpg
ドバトは共食いをします。(閲覧注意のなるので、画像は控えます。)
ドバトは外来種です。(飛鳥時代に日本に入ってきたカワラバトが野性化したものです。)
ドバトは放っておくとドンドン増えます。(11月でも、あちらこちらの現場で産卵しています。)

そうです。もう、お気づきかと思いますが、実は、私、ドバトが大嫌いです

各行政でも、ドバトにエサを与えないよう呼びかけています。

ご自宅が『ハト被害』に遭わないようにするためには、
  • ベランダを常に清潔にし、糞や羽毛を見つけたら直ぐに清掃する。ドバトは糞や羽を見ると安心して居座ります。
  • ベランダにあまり物を置かないようにする。外から見えない場所は、巣作りに最適です。

どうしてもダメなときは、下記へご相談ください。
お寄せ頂いたご相談/お問合せには丁寧にお答えいたします。

ハトやカラスの糞害対策 

中国、関西、東海、関東

(その他全国対応しております)

ハト対策、カラス対策、

鷹を使ったイベントは

鳩カラス対策のスペシャリスト

グリーンフィールドへ

http://www.gfhawk.com



九州 / 山口 / 広島 地区で、ハト対策にうんざりされている

工場/倉庫・ビル/マンション・商業施設の担当者様は、

コチラもご覧になってください!!

http://01.greenfield-kyusyu.com


posted by グリーンフィールド at 00:46| Comment(0) | 日記
にほんブログ村 鳥ブログ 猛禽類へ
にほんブログ村