2017年04月27日

九州 福岡で鷹を使ったハト対策/カラス対策なら、お任せください!!

九州 福岡で鷹を使ったハト対策/カラス対策なら、お任せください!!
            潟Oリーンフィールド 九州営業所 です。

いつも、たくさんのお問い合わせを頂き、ありがとうございます。

さて、本日は「大分県中津 編」の続きです。

↓この橋は耶馬溪橋(オランダ橋)といって、日本一長い8連アーチの石橋です。
IMG_8522.JPG
この橋から上流へ、「青の洞門」のずっと先までが禁漁区になってます。

今回、ご相談があった「青の洞門」周辺にお住まいの方々のお話しでは、
皆さんのご先祖様が、コイなど川魚の稚魚を放流し、代々かわいがって居られるとの事。

お伺いした日は、天候に恵まれた(晴れ男です!!)こともあり、
多くの観光客でにぎわっていました。(海外からのお客様もたくさんいらっしゃいました。)
IMG_8514.JPG
カヌー(?)をされている方や、コイにエサをあげてる家族もおられて、とても、風光明媚でイイところです。コイはとても大きくなんと80cmくらいありました?!

で、今回のお困りごとは ↓
200px-Phalacrocorax_carbo_Vic.jpg
カワウです。

我々も詳しくは知らなかったのですが、以前は数が激減したため鳥獣保護法の対象でした。
ところが、今では逆に増えすぎて全国の漁協の被害が70億円!!を超えているとか...
そのため、2007年から狩猟鳥になりました。

この「青の洞門」周辺は、禁漁区のため、漁師がいない → 魚がたくさん居る → カワウの天国 になってしまっているそうです。 確かに大きなコイはいましたが、小さな魚は見ませんでした。
要は「この周辺がカワウのエサ場になっている。 行政に頼んでも何もしてくれないし、何とかならないか?」とのご相談。

カワウは、数十から数千羽で行動し、1羽が1日で300〜500gの魚を食べるそうです。
そんな大群で食べられたら、直ぐに川から魚が居なくなってしまいます!!
せっかくご先祖様が豊かな川にしてくださったのに、今はとても悲惨な状態です。

この日は、「青の洞門」周辺にはたくさんの人が居たため、カワウは警戒して来ていませんでした。
カワウの行動範囲は10〜20Kmなので、上流と下流を調査しました。

IMG_8528.JPG

1時間くらい走り回って、やっと見つけました!! が、川の向側。
赤い○の辺りで30羽くらいが、もぐって小魚を食べています。
(多分、見えんやろうなぁ〜 これがiPhone6の限界です...)

今まで依頼された「鷹を使っての害鳥対策」は、
 「ウチの工場から、ハトを追い払って欲しい!!」
 「ウチのマンションに棲み付いたハトを追い払って!!」
という、ピンポイントの追い払いでした。
なので、2〜3日タカを飛ばすとハトやカラスが身の危険(食べられる!!)を感じて、
数ヶ月間はその場所へ寄り付かなくなります。

しかし今回は範囲がかなり広く、東京ドーム10個分?!くらいはありそうです。
(東京ドームへは1回だけ行った事がありますが、広さを強調するときに、なぜ、東京ドームが使われるのか?)

かなり困難を極める作業になりますが、
住民の方々のお気持ちを考えると、なんとかお力になりたいと思います。
(諏訪流鷹匠の意地を見せちゃるばいっ!!)

皆さんも、「こんな事、頼めるのかな〜」ってゆう事があったら、
ホームページの問い合わせフォームから、お気軽にご相談ください。
鷹匠が優しく丁寧にお答えします。
(ホントに怖くないので... 数名のイケメンもいます(笑))

九州 福岡で鷹匠にハト駆除/ハト対策・カラス対策を依頼するなら...
ご相談・調査依頼(無料) は
こちらから どうぞ!

http://www.gfhawk.com

九州 / 山口 / 広島 地区で、
ハト対策にうんざりされている企業の担当者様は、
コチラもご覧になってください!!

http://01.greenfield-kyusyu.com


posted by グリーンフィールド at 00:04| Comment(0) | 日記

2017年04月24日

九州 福岡のハト駆除・ハト対策・カラス対策ならお任せください!!

九州 福岡のハト駆除・ハト対策・カラス対策ならお任せください!!
            潟Oリーンフィールド九州営業所です。

いつもたくさんのお問い合わせを頂き、ありがとうございます。

さて、今日は「先日お伺いした件」についてお伝えします。

IMG_8563.JPG

↑ は、皆さんが(ボクも)大好きな...そうです、福沢諭吉です。
では、諭吉の出身地ってご存知ですか?

おそらく、九州の方はよく知ってると思いますが、ヒントは「から揚げ」(笑い)
.........
そうです!! 大分県の中津市です!!

正解された方、ホントに素晴らしいです!!

では、第2問。
ここは、中津市のどこでしょう?
IMG_8515.JPG
ヒントは、日本新三景...
(あれっ、ハト対策の話しは?)

先ず、日本三景といえば、
800px-NihonSankei.png
ですよね。

1916年に日本三景にならって、日本新三景の選定が行われました。
そして、なんと全国投票(?!)の結果...

800px-Komagatake_dusk.jpg
大沼(北海道:迷子の女の子が自衛隊に救出さてたところです。)
(だから、ハト対策の話しは?)

Mt_Fuji_at_Mihonomatsubara.jpg
三保の松原(静岡県)

そして、今回 お伺いした
Kyoshuho.jpg
耶馬溪(大分県中津市)が選ばれました。
(もしかして...ハト対策の話し。する気ないん?)

そうなんです。日本新三景は去年ちょうど100周年だったんですね。
(いやぁ、福岡に居るのに ぜんぜん知らんかったw...)

で、第2問の写真は耶馬溪の「青の洞門」です。
(小学校の修学旅行 以来やから...44年ぶりっ!!)
(あ〜、もう、ぜんぜんハト対策の話しする気ないやん!!)

で、この耶馬溪なんですが...えっ、もう容量一杯っ?!

あーっ、残念っ!!

では、続きは次回に、必ずっ!!
(でも、今回はちょっとだけ勉強になったばいっ)

九州 福岡で鷹匠にハト駆除・ハト対策・カラス対策を依頼するなら...
ご相談・調査依頼(無料) は
こちらから どうぞ!

http://www.gfhawk.com

九州 / 山口 / 広島 地区で、
ハト対策にうんざりされている企業の担当者様は、
コチラもご覧になってください!!

http://01.greenfield-kyusyu.com


posted by グリーンフィールド at 23:29| Comment(0) | 日記

2017年04月22日

九州 福岡のハト対策駆除/カラス対策なら

九州 福岡のハト対策駆除/カラス対策なら、お任せください!!
           潟Oリーンフィールド 九州営業所 です。

たくさんのお問い合わせを頂き、ありがとうございます。

今は、ハトの繁殖期ということで
福岡市内でも「ハトの巣」についてのお問い合わせが多くなりました。

今日は、「ハトの巣」なんて見たこと無いよってゆう方のために
現場で撮った画像を紹介しますね。

まず1件目は、
不動産屋さんからの依頼です。
お客さんに物件を紹介するため空き部屋に入ってみると...
IMG_6336.jpg
浴室にカビが生えないように、窓を半分開けて網戸にしていたらしいのですが...
2週間後に行ってみると、なんと網戸を破って「巣」を作っていたとの事!!
IMG_6335.jpg
営巣の途中らしく、まだ産卵してなかったため、直ぐに清掃しました。

2件目も、不動産屋さんからです。
こちらは、既にヒナが孵っていたので
市役所へ申請を出してからの作業になります。
image0-1 - コピー.JPG
申請から許可まで時間がかかるので、依頼を受けてから10日後に取り除きました。

3件目は、
マンションにお住まいの方からの依頼です。
お伺いしてみると、マンション全体に「防鳥ネット」が張られていました。
が...どこかの隙間から入って来てます。
IMG_8542.JPG
ネットを張った建物に一旦入ってしまうと、外敵から襲われる心配がないので、
ハトにとっては、「とても安全な場所」になってしまいます。
IMG_8545.JPG
こちらも、既に産卵しているので、申請後の除去作業となりました。

最後は、箱崎埠頭の倉庫です。
IMG_8478.JPG
天井高が20mもあるので、携帯ではココまでしかズームできません。
IMG_8477.JPG
確かに、「ハトの巣」があります。
夕方になると戻ってきて、倉庫内を飛び回り、糞をするとのこと。
お客様からの預かり品が多いこともあり、とてもご苦労されていました。
こちらは、申請後に高所作業車を使っての除去ということで
かなり高額になってしまいました...が、
工場長さんからは、とても感謝されました。

さて、次回はいよいよ「あれ」の予定ですが、
iPhon6の限界を感じております。
(デジカメ、あげちゃったしな〜)

九州 福岡で鷹匠にハト対策駆除・カラス対策を依頼するなら...
ご相談・調査依頼(無料) は
こちらから どうぞ!

http://www.gfhawk.com

九州 / 山口 / 広島 地区で、
ハト対策にうんざりされている企業の担当者様は、
コチラもご覧になってください!!

http://01.greenfield-kyusyu.com





posted by グリーンフィールド at 04:26| Comment(0) | 日記
にほんブログ村 鳥ブログ 猛禽類へ
にほんブログ村