2017年05月01日

九州 福岡 ハト駆除/ハト対策で、いつまで損をしますか?!

九州 福岡で鷹を使ったハト駆除、ハト対策/カラス対策なら、お任せください!!
             潟Oリーンフィールド九州営業所の ひろし です。
(あのヒロシではありません。あのヒロシ、福岡ではまだCMに出てますょ。)

いつもたくさんのお問い合わせを頂き、ありがとうございます。

今週も、なっなんと!! またまた大分県は中津市です?!
しかも前回とは別件で?!

道中、スタッフとの会話...
ひ「最近、大分が続くねぇ。」
ス「はい。それって縁起が良いですね。」
ひ「はっ?! なんで?」
ス「東の方向は仕事運がUPするんですょ。」
ひ「へ〜、そうなん?! 知らんかったわぁ。 なんでそんなん知っとんの?」
ス「Dr.コパが云うてましたょ。」
ひ「へぇ、そうなんやぁ。 そういやコパのショップって、
  東京銀座(資生堂パーラーの近く)と福岡博多(住吉神社の近く)の
  2ヶ所しかないもんねぇ...」
ス「えっ、そうなんですか?!」 (それは知らんかったんかい!!)

そんなオチのない ゆる〜い話しをしながら、2時間で到着。

今日のご依頼先は、個人的にむっちゃテンションがあがる工場です!!

「星野和義/青の34GT-R」といえば、わかる人はわかる。
 そう、あのメーカーの工場です。
(昔、GR-Rが買えずに、32stのフルチューンに乗ってました)

で、担当の方に工場内を案内して頂きながら、つい きょろきょろしてしまいました。
(わっ、アレがある!! おっ、アレもある!! うわっ、あんなパーツまで!! もう、目がハートです!!)

しかし...
状況をお聞きすると、とても複雑な気分に...(テンション だだ下がり)
IMG_8589.JPG
↑ 担当の方から状況をお聞きするスタッフSくん
(茶色の方。イケメン君です。親不孝通りではちょっと有名?)

被害状況は...
 @ 数年前から、工場内をハトスズメが飛び回り、
   製品や通路に大量のふんをする。箱詰めした出荷前製品に糞をされると、
   梱包をやり直さなければならない。
   社員さんの健康被害まで含めると被害は甚大。

 A 神奈川県の系列工場では、有刺剣山を設置したが効かなかったので、
   かなりの金額をかけて天井全面にネットを張った。が、効き目はそこそこ。
   ウチはそこまで費用を掛けれないので、
   忌避剤(ジェル)を塗って貰った。が、やはりそこそこ。
   他の工場では、超音波を付けた。けど、効果があったのは初めだけ。

 B 以前は地元の業者に依頼していた。
   が、「今年は免許が切れていて、駆除作業は出来ない。」
   しかも、「ハトは出来るが、スズメは法律上できない。」と言われたとの事。

   は〜〜っ、やっぱり そうなるんですよね...

私たちへ依頼された企業の9割近くが、既に何らかの対策をされています。
 忌避剤 → 有刺剣山 → ワイヤー → 電気ショック → 防鳥ネット...
次から次へと購入されています。しかも、かなりの金額をかけて。
(箱崎の倉庫ではベンツSクラスの金額でしたね)
それで、害鳥が居なくなってくれれば良かったんですが...

結局、効き目が無かったといって、ウチへ連絡されます。
本当に残念です。

一般の方は(当たり前ですが)、どんな対策をしたら良いのか判りません。
なので、業者の「これは絶対に効きます。」と言う言葉を信じて購入されます。
それで、効かなかったら「これなら間違いありません。」と言われまた購入。
その上、法律うんぬんと言われたら、もう従うしかありません。

あなた(御社)が欲しかったものは、何ですか?
 忌避剤(ジェル)ですか?
 有刺剣山ですか?
 ワイヤーですか?
 電気ショックですか?
 防鳥ネットですか?
          ...

もしかしたら...
まだ、害鳥が居なかった頃に戻したかったのではありませんか?

インターネットで害鳥駆除を謳っている業者はたくさんいます。
言い方は悪いけど、知識の無い人を言い包めるのは簡単です。
今後、私たちの行く先々であまりにも目に余るようなら暴露本 書きますよ!!
(しかも実名で!!)

九州 福岡で鷹匠にハト駆除・ハト対策・カラス対策を依頼しなくてもいいので、
先ずは、ご相談・調査依頼(無料) してください!!
こちらのHPから どうぞ!

http://www.gfhawk.com
 
あなた(御社)は、いつまで損をしますか?
posted by グリーンフィールド at 01:21| Comment(0) | 日記

2017年04月27日

九州 福岡で鷹を使ったハト対策/カラス対策なら、お任せください!!

九州 福岡で鷹を使ったハト対策/カラス対策なら、お任せください!!
            潟Oリーンフィールド 九州営業所 です。

いつも、たくさんのお問い合わせを頂き、ありがとうございます。

さて、本日は「大分県中津 編」の続きです。

↓この橋は耶馬溪橋(オランダ橋)といって、日本一長い8連アーチの石橋です。
IMG_8522.JPG
この橋から上流へ、「青の洞門」のずっと先までが禁漁区になってます。

今回、ご相談があった「青の洞門」周辺にお住まいの方々のお話しでは、
皆さんのご先祖様が、コイなど川魚の稚魚を放流し、代々かわいがって居られるとの事。

お伺いした日は、天候に恵まれた(晴れ男です!!)こともあり、
多くの観光客でにぎわっていました。(海外からのお客様もたくさんいらっしゃいました。)
IMG_8514.JPG
カヌー(?)をされている方や、コイにエサをあげてる家族もおられて、とても、風光明媚でイイところです。コイはとても大きくなんと80cmくらいありました?!

で、今回のお困りごとは ↓
200px-Phalacrocorax_carbo_Vic.jpg
カワウです。

我々も詳しくは知らなかったのですが、以前は数が激減したため鳥獣保護法の対象でした。
ところが、今では逆に増えすぎて全国の漁協の被害が70億円!!を超えているとか...
そのため、2007年から狩猟鳥になりました。

この「青の洞門」周辺は、禁漁区のため、漁師がいない → 魚がたくさん居る → カワウの天国 になってしまっているそうです。 確かに大きなコイはいましたが、小さな魚は見ませんでした。
要は「この周辺がカワウのエサ場になっている。 行政に頼んでも何もしてくれないし、何とかならないか?」とのご相談。

カワウは、数十から数千羽で行動し、1羽が1日で300〜500gの魚を食べるそうです。
そんな大群で食べられたら、直ぐに川から魚が居なくなってしまいます!!
せっかくご先祖様が豊かな川にしてくださったのに、今はとても悲惨な状態です。

この日は、「青の洞門」周辺にはたくさんの人が居たため、カワウは警戒して来ていませんでした。
カワウの行動範囲は10〜20Kmなので、上流と下流を調査しました。

IMG_8528.JPG

1時間くらい走り回って、やっと見つけました!! が、川の向側。
赤い○の辺りで30羽くらいが、もぐって小魚を食べています。
(多分、見えんやろうなぁ〜 これがiPhone6の限界です...)

今まで依頼された「鷹を使っての害鳥対策」は、
 「ウチの工場から、ハトを追い払って欲しい!!」
 「ウチのマンションに棲み付いたハトを追い払って!!」
という、ピンポイントの追い払いでした。
なので、2〜3日タカを飛ばすとハトやカラスが身の危険(食べられる!!)を感じて、
数ヶ月間はその場所へ寄り付かなくなります。

しかし今回は範囲がかなり広く、東京ドーム10個分?!くらいはありそうです。
(東京ドームへは1回だけ行った事がありますが、広さを強調するときに、なぜ、東京ドームが使われるのか?)

かなり困難を極める作業になりますが、
住民の方々のお気持ちを考えると、なんとかお力になりたいと思います。
(諏訪流鷹匠の意地を見せちゃるばいっ!!)

皆さんも、「こんな事、頼めるのかな〜」ってゆう事があったら、
ホームページの問い合わせフォームから、お気軽にご相談ください。
鷹匠が優しく丁寧にお答えします。
(ホントに怖くないので... 数名のイケメンもいます(笑))

九州 福岡で鷹匠にハト駆除/ハト対策・カラス対策を依頼するなら...
ご相談・調査依頼(無料) は
こちらから どうぞ!

http://www.gfhawk.com
posted by グリーンフィールド at 00:04| Comment(0) | 日記

2017年04月24日

九州 福岡のハト駆除・ハト対策・カラス対策ならお任せください!!

九州 福岡のハト駆除・ハト対策・カラス対策ならお任せください!!
            潟Oリーンフィールド九州営業所です。

いつもたくさんのお問い合わせを頂き、ありがとうございます。

さて、今日は「先日お伺いした件」についてお伝えします。

IMG_8563.JPG

↑ は、皆さんが(ボクも)大好きな...そうです、福沢諭吉です。
では、諭吉の出身地ってご存知ですか?

おそらく、九州の方はよく知ってると思いますが、ヒントは「から揚げ」(笑い)
.........
そうです!! 大分県の中津市です!!

正解された方、ホントに素晴らしいです!!

では、第2問。
ここは、中津市のどこでしょう?
IMG_8515.JPG
ヒントは、日本新三景...
(あれっ、ハト対策の話しは?)

先ず、日本三景といえば、
800px-NihonSankei.png
ですよね。

1916年に日本三景にならって、日本新三景の選定が行われました。
そして、なんと全国投票(?!)の結果...

800px-Komagatake_dusk.jpg
大沼(北海道:迷子の女の子が自衛隊に救出さてたところです。)
(だから、ハト対策の話しは?)

Mt_Fuji_at_Mihonomatsubara.jpg
三保の松原(静岡県)

そして、今回 お伺いした
Kyoshuho.jpg
耶馬溪(大分県中津市)が選ばれました。
(もしかして...ハト対策の話し。する気ないん?)

そうなんです。日本新三景は去年ちょうど100周年だったんですね。
(いやぁ、福岡に居るのに ぜんぜん知らんかったw...)

で、第2問の写真は耶馬溪の「青の洞門」です。
(小学校の修学旅行 以来やから...44年ぶりっ!!)
(あ〜、もう、ぜんぜんハト対策の話しする気ないやん!!)

で、この耶馬溪なんですが...えっ、もう容量一杯っ?!

あーっ、残念っ!!

では、続きは次回に、必ずっ!!
(でも、今回はちょっとだけ勉強になったばいっ)

九州 福岡で鷹匠にハト駆除・ハト対策・カラス対策を依頼するなら...
ご相談・調査依頼(無料) は
こちらから どうぞ!

http://www.gfhawk.com
posted by グリーンフィールド at 23:29| Comment(0) | 日記
にほんブログ村 鳥ブログ 猛禽類へ
にほんブログ村